ポゼットの正しい飲み方は?アルコールも問題なし?食後に服用しても大丈夫?

日本人は人種的に早漏だと言われていますが、パートーナーが満足しないうちに、自分だけが果ててしまう事に悩んでいる成人男性が30%もいるという統計情報もあるようです。

ポゼットは、そんな悩みを解決するべく開発された早漏の防止・改善をする治療薬です。

 

ポゼットの成分分析と特徴は?

ペ◯スの感度を鈍らせて早漏を防止するという薬ではなく、ポゼットは脳に働きかけることにより早漏を抑止するようです。

ポゼットの主成分はダポキセチンという有効成分です。

元々はSSRIという抗うつ薬として開発された成分ですが、それが早漏改善にも効果が判明したので、早漏の防止・改善をする治療薬として、ポゼットが誕生されたというわけです。

うつ病の薬から発明された薬というのは意外だと思いますが、早漏の要因の一つして精神的な部分があると言われているので、効果があるのは納得できます。

では薬の具体的な特徴を見てみましょう。

ポゼットの主成分であるダポキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。

早漏は脳内のセロトニン濃度が減少し、異常な興奮状態になることで起きます。

早漏治療薬であるポゼットを服用することで脳内のセロトニン濃度が高まり、興奮が抑制されることで射精時間の延長効果が生まれます。

純粋に早漏を治すダポキセチンのみが主成分となっているため安心して飲める点も良いですね。

脳内物質に働きかけるので物理的に感度を鈍らせたりするものよりも効果が見込めそうです。

 

ポゼットは効果絶大?持続時間はどれぐらい?

薬の成分や働きはわかりましたが、実際の効果はどれぐらいなのでしょうか。

効果がある場合の持続時間なども気になるところですね。

早漏治療薬であるポゼットを服用することで脳内のセロトニン濃度が高まり、興奮が抑制されることで射精時間の延長効果が生まれます。

性行為の1~3時間前に服用することで、普段の性行為時間の3~5倍延ばすことができるといいます。

30mgを内服したグループは平均した2分47秒、60mgを内服したグループは平均3分17秒、射精までの時間が伸びました。

普段の5倍も延ばせたらパートナーを満足されることができるのではないでしょうか。

今までのあなたを見ていたパートナーは驚くこと間違いなしですね。

効果が出た人数について、臨床試験で以下の結果が出ているようです。

男性器の勃起から射精までのプロセスをコントロールできる交感神経·副交感神経の働きを抑制し、早漏を防ぎます。

早漏の具体的な原因や個人体質によってポゼットの効果は個人差があります。臨床調査から見ると、使用者の半数以上がポゼットの効果を実感できると報告されています

体質や個人差はあるものの試して見る価値はあるのではないでしょうか。

 

ポゼットの具体的な使用方法は?

成分や効果や持続時間などを見て来ましたが次からは使用方法を見ていきたいと思います。

効果的な飲み方は?タイミングは?

効果を得るための最善の飲み方について調べてみました。

ポゼットを飲む理想の時間帯は、性行為を行う前からおよそ1~3時間前と言われています。タイミングは、できるだけ空腹時の飲用がオススメです。

ただし、胃の中が空っぽな状態では、胃に負担がかかり、胃壁を荒らす恐れがあります。飲む際は、多めの水と一緒に飲むようにしましょう。

服用の間隔ですが、前回飲んだ時から24時間以上時間を開ける事が大事です。

とりあえず飲んだら効果が出るというものではなく、ちゃんと用途は守らないと想像していた効果が半減する可能性もあります。

ちなみにED薬との併用も可能なので幅広く使える薬だと思います。

また服用を継続すれば効果が高くなっていくという臨床結果もあるので単発ではなく継続した利用をオススメします!

ポゼットの飲む量は?30mgと60mgの違いは?

早漏に効果があるポゼットですが、飲む量を選べるようです。

30mg~60mgの量を服用するようになっています。

ポゼットは経口服用の錠剤タイプのお薬であり、1錠が30mgのものと60mgのものが販売されていますので、自分にあった方を入手しましょう。

持続時間が伸びる効果を考えて60mgを選択したほうが良いと思う方もいると思いますが、体質や年齢や体重などいろんな要素が絡んでくるのでまず30mgから試すことをオススメします!

また1日の上限摂取量が90mgということも頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

効果が出ないと思い大量に飲むことはNGです!

ポゼット・食事しても大丈夫?

性行為を行う1〜3時間前に服用することで効果が得られることはわかりましたが、デートなどで食事やお酒を飲んだ場合の効果について気になりますよね。

ポゼットは食べ物の影響を受けにくいとされています。

ただし脂っぽいものなど消化の遅い食べ物を摂るとポゼットの効果が出るのが遅くなったり、効き目が弱まる可能性もあります。

空腹時が一番効きますが、食事をする際にはなるべく消化の良いものにすると良いでしょ

空腹が一番効果がありますが、食事をする際は食べ合わせに気をつけたほうが良さそうです。

デートで行くお店や家での食事について、ある程度は注意する必要がありそうです。

ただし、そこまで神経質にならなくても効果が得られることは臨床試験で判明しているので、暴飲暴食しなければOKかと思います。

ポゼット・アルコールの影響は?

食事については極端な制約はアリませんでしたが、アルコールについてどうなのでしょうか?

主成分であるダポキセチンがアルコールと反応して効果が出すぎる場合があるので気をつけたほうが良いとのことです。

効果が出すぎると副作用も出やすいということなので注意が必要ですね。

体の体質などもあると思いますので全ての人が同じ状況になるとは限らないですが、可能であればアルコールは避けたほうが良さそうですね。

ポゼットの副作用は?対策はある?

普段から使用している風邪薬、胃薬、頭痛薬なども副作用が無いものは存在しません。

ポゼットの副作用として報告されているのは「吐き気」「頭痛」です。

飲むたびに発生するというよりは、飲み始めた頃だけに見られる症状という臨床結果が出ていますので、あまり神経質にならなくても良いと思います。

服用してから時間がしばらく経過すると、改善されていくケースが殆どで、また飲む回数を増やしていけば全く副作用が無い人も多いようです。

副作用が毎回発生して改善が見られない場合は服用を中止することを強くオススメします。

用途をちゃんと守ればあなたの自信を取り戻すための一助になることは間違いなさそうですね!

タイトルとURLをコピーしました