子供が欲しいと望む人へ|体外受精で愛する人との子供を抱ける時が来る

体外受精で愛する人との子供を抱ける時が来る

親子

子供が欲しいと望む人へ

ドクター

不妊治療法のひとつ

最近、医療技術の発達によって不妊治療を受けた人でも子供を授かることが出来る時代になりました。従来では、人工授精や体外受精などが主な不妊治療法として代表的なものでした。これらの不妊治療よりも高度な治療技術を兼ね備えているのが顕微授精というものです。この治療法は、顕微鏡を使用して卵子に精子を直接注入する方法を取っているという点に特徴があります。体外受精や人工授精においては、不妊治療を受けた人にとっては良い治療法ですが必ず受精するわけではないという点に問題がありました。しかし、顕微授精を使用することによってより精密に受精までの過程を医療によってサポートすることが可能になったという点にも特徴があります。

助成金を上手く活用する

顕微授精に係る費用は約30〜50万円前後とかなり高額な医療費を請求されます。また、各病院や産婦人科によってこの医療費は大きく変動し中には100万円以上請求されるケースも存在します。こうしたケースに対応すべく、助成金を活用して工夫しましょう。これは、国やお住まいの各地方自治体によって対象者に支払われる助成金です。夫婦の合算年収や女性の年齢、その自治体に何年在住しているのかなどを審査され支払われます。顕微授精を希望する方は産婦人科に行く前に確認しておくと良いです。また、顕微授精の成功確率は病院によって違うということも知っておくと良いです。気になる方は事前に病院や産婦人科の医師に相談しておくと良いです。

Copyright© 2016 体外受精で愛する人との子供を抱ける時が来る All Rights Reserved.